夏の夕方・小バスが無限に湧く多摩川

底辺らしく毎日長時間労働に追われるはげ夫。オフはだいたい家で脱け殻になってます。一日寝てたら元気になってきたので、夕涼みも兼ねてちょっとだけ多摩川に行ってきました。

小バス狙いでいきます

時間は午後6時。はやめの夕ごはんを食べたあと、いつものポイントに行き、小物竿にミミズをつけて釣りを開始します。今日は難しいことは考えずに気軽に釣りを楽しもうと思います。このポイントはいつでも小バスがたくさんいるので、エサ釣りならすぐ釣れるはずです。

1.8mの小物竿に淡水小物釣り仕掛け

案の定すぐアタリがきます。でも魚が小さいらしく、アワセてもすっぽ抜けてしまいます。

ミミズを小さく切って再チャレンジ。すぐにアタリがきて、こんどはしっかりノセることができました。

ちっせぇー

小バス…というより豆バスかな。サイズはともかく、久しぶりの多摩川スモールです。

このサイズが群れでいるらしく、一回投げたら一匹ヒットくらいのペースで釣れます。

最小記録更新?

今年産まれたバスでしょうか。去年の秋に同じポイントで釣ったときはもうちょっと大きいのが釣れたから、夏の間にエサをたらふく食べて成長するんでしょう。

とにかく、多摩川ではスモールは安定して繁殖してるようです。それどころかはげ夫の感覚では年々個体数は増えているように感じます。全国の河川でもどんどん生息域を拡大しているようです。非常によろしくないですね。

はげ夫にできることは釣った魚はリリースしないことくらいですが、中途半端な駆除はほどよい間引きになって、かえって個体数を安定させてしまうという話を聞いたことがあります。悩ましいところです。

カメのエサにしようかな…

一時間ほど釣りを楽しみ、だいぶ暗くなってきたところで撤収。

豆バスばかり5匹。カメのエサにしようかな。寄生虫が怖いので、一度凍らせてからあげることにします。

15年くらい飼ってるカブトニオイガメ(もさもさ)

気が変わって自分で食べるかもしれません。とりあえずジップロックに入れて冷凍しておきます。

実は明日も休みなんだぜ!

珍しく連休なんです。しかも平日。どこかに釣りに行きたいところですが、天気と当日のテンション次第ですね。そこまでノリノリじゃなかったら、また同じ場所で小バス釣りでもいいかもしれません。最近はのんびり楽しめるエサ釣りが好きなんですよね。

↓参加しています!よろしければクリックをお願いします!

にほんブログ村 釣りブログ 貧乏釣りへ
にほんブログ村