初心者がバスを一匹釣る方法~川スモール編①

はげ夫はへたくそです。テクニックも、知識も、経験も、引き出しもぜんぜんありません。ボウズなんてしょっちゅうです。そんなはげ夫でも、しょぼ~い釣果ですが、ちまちまバスを釣ることができています。

ここでははげ夫がどうやってバスを釣ってきたかをを紹介したいと思います。はげ夫でも釣れるんだから、たぶん誰でも釣れると思います。バス釣りをはじめたばっかりの初心者の方には、もしかしたら参考になるようなお話もあるかも…?

 

バスってどこにいるの?

はげ夫がバス釣りをしているのは主に多摩川の中流域です。地名でいうと府中~日野のあたりだと思ってください。

このあたりにいるのはスモールマウスバスです。ここでは川の中流域でスモールを狙う方法をお話していきたいと思います。

※ポイントを細かく書くのはマナー違反という声もあるので、ここでは場所を特定するようなことはしません。はげ夫はポイントを探すのもバス釣りの楽しみのひとつだと思っています。また、多摩川以外のスモールマウスバスの生息状況についても、ここでは割愛します。あんまり知らないからです。ネットなどで調べればきっと情報が見つかると思います。

前にも書いたとおり、はげ夫は最初本でラージの釣りかたを調べて、その方法でスモールを狙ってました。

スモールとラージの違い②

でも、そのうち、ラージとは異なるアプローチで釣ったほうが有効だと思うようになりました。よく釣れるポイントがラージとはちょっと違うようなのです。

本では「バスはストラクチャーのそばにいることが多い」と書いてあったのですが、スモールはそれ以外の場所で釣れることが多かったのです。

 

スモールはこんな場所で釣れる!

それでは、はげ夫が実際に釣れたポイントを紹介していきます。

まず、これはラージも同じだと思うのですが、水深の差や、流れの強弱など、いろんな変化がある場所にバスが集まることが多いです。いくらスモールが流れの中が好きだといっても、ずーっと流れの速い浅瀬が続いているような場所よりは、ところどころ深い部分があって、バスが休める場所があるほうが魚がつきやすい気がします。

✖印の場所でよく釣れました

それでは、上のへたくそなイラストを参考に、スモールがよく釣れる、おいしいポイントを見ていきましょう。あくまでもはげ夫のしょぼい経験に基づくものです。

・堰下 鉄板ポイントです。堰下には獲物となる小魚が集まってくるので、それを狙ってスモールもやってきます。ただし、堰の近辺は立ち入りや釣りが禁止されていることがあるので、きちんと看板等で確認しましょう。

・テトラ スモールはラージほどストラクチャーに依存しませんが、テトラ周辺は小魚が多いので、スモールの回遊コースになっていることがあります。小バスはいつでもよく釣れます。テトラの上を歩くときは転倒や落水に注意してくださいね。

・深み いくらスモールが遊泳力が強いといっても、ずーと泳ぎっぱなしだと疲れるでしょう。流れがおだやかな深み、いわゆる淵の周辺にはバスがついていることがよくあります。

・流れ 元気なバスが獲物を捕食するポイントです。でっかくてパワフルなスモールのヒットが期待できます。

・ちゃら瀬 「えっこんなとこに?」というような浅くて流れが激しい場所でもスモールは釣れます。狙ってみる価値はあります。

こんな浅瀬でも大物が釣れたことがあります

はげ夫が釣れたのはだいたいこんなポイントです。へたくそのはげ夫が釣れたんだから大ハズレではないはずです。

多摩川の中流域ならどこでもスモールはいると思うので、こういう条件に当てはまって、釣りやすいポイントを探してみましょう。

「多摩川 スモール」で検索すると人気ポイントはすぐ探せると思いますが、人気のポイントは当然人が多く、魚へのプレッシャーも強いです(そこで腕を磨いたり、ほかの釣り人と情報交換するのはもちろんアリですよ)。

はげ夫は大勢のいる場所ではへたくそすぎて恥ずかしいし、迷惑をかけそうなので、地道に脚でポイントを開拓しました。その結果、人があんまりいなくて、40アップがコンスタントに釣れる場所を発見しました。最近工事で潰れてしまいましたが、そこではとっても楽しく釣りができたので満足してます。

実際にどうやって釣ったかは、次回以降に書いていきたいと思います。