上野原でエサ釣り・夏は上流で入れ食い?

お金がなく、友達もいないはげ夫のオフの過ごしかたといったらゲームか釣りくらいしかありません。今日は貴重な平日休みだったので、ここのところよく行っている上野原へ釣りに行ってきました。

エサ釣りが楽しいです

最近はエサ釣りにはまっています。のんびりウキを眺めているのが楽しいです。

くるか、くるか…

キター!!(゚∀゚ 三 ゚∀゚)

という瞬間がたまらないです。

バサーの方々はエサ釣りを下に見る傾向があるようですが、こんなに楽しいんだからたまにはやってみればいいのに、と思います。はげ夫はルアー釣りももちろんやるので、ルアーを選択する楽しさや釣れた時の達成感はよくわかります。でも、エサ釣りはエサ釣りで楽しいですよ♪

上野原の夏のパターンは…?

夕方から上野原に向かいました。今日はクソ暑かったので、いつものポイントではなく、上流に向かっててくてく歩きます。この暑さなら水が動いている上流のほうがバスの活性が高いだろう、というただのカンです。去年も夏は上流で釣れたから、あながち間違ってはいないと思います。

けっこう流れがあって、清流といった感じです

途中遠くで雷鳴が聞こえて、一回ビビって引き返しましたが、しばらくすると雷雲が遠くの山に去って行ったので、いつでも逃げられるように荷物をリュックに入れたまま釣りを開始します。釣り場での雷ほど怖いものはないですからね。

ただ、こういう気温が高くて蒸している日は釣れることが多いです。
予想どおり、すぐにアタリがあります。

しかしこの場所はコンクリートの護岸があって、バスがその下に入りこんでラインが切られてしまいました。

ラインを切られると罪悪感でいっぱいになります。こんどはぶっといハリスに付け替えてキャストします。ハリスが太いと食いが悪くなるんですが、今日はよっぽど活性が高いらしく、すぐにまたアタリがあります。

こんどは根に入られないように急いで巻いて浮かせます。流れがある場所にいるバスはよく引きます。腕力でかなり強引にコントロールして寄せました。

かなり元気でした

40㎝はないですかね。しりびれが欠けてますが、なかなかの良個体です。いつもは一匹釣れたら帰ることが多いですが、開始10分で釣れてしまったので、もうちょい続けることにします。

今日はほんとに活性が高いです。すぐにアタリがあります。

こんども強引に寄せます。やりとりしてたら、後ろから声をかけられました。

「兄ちゃん、バスを釣ってるの?」

横目でちらっと見ると、20代前半、おそらく学生くらいの年齢のあんちゃんでした。はげ夫ははげている以外はかなり童顔なので、帽子をかぶっていると年齢よりも若く見られることが多いのですが、学生に「兄ちゃん」などと呼ばれる筋合いはありません。ここはがつんと言ってやろうと思いましたが、

「いや、エサ釣りですけど…」

とぼそぼそ答えるのが精一杯でした。

そんなアクシデント(?)もありましたが、無事に2匹めを釣り上げることができました。

同じくらいのサイズだけど、こっちはオスかな

この個体は口が傷ついていました。さっきバラしたやつだったらいいんですけどね。

「食うんすか?」

あんちゃんがまた声をかけてきます。

「食います…」

とぼそぼそ答えます。なんでか、最近はよく釣り場で声をかけられますね。はげ夫は陰キャラのコミュ障なので、たいていは相手が話しかけたことを後悔するような結果になってしまうんですが…。

さすがにこれ以上釣れてもさばくのが大変なので撤収です。時間にしてわずか30分くらいでした。

「どうやって食うんすか?」

帰り際にもあんちゃんが話しかけてきます。

「煮たり、焼いたり…」

ともごもご答えながらそそくさと釣り場を後にしました。

今日は塩焼き!

食べごろサイズ…というには少し大きいかな

夕食の準備は別にしてあったので、今日は切り身を塩焼きにして、残りは冷凍することにします。40cmに満たないサイズですが、2匹同時にさばくのはなかなか大変でした。台所が魚臭くなりました。

和風の塩焼き

シンプルに塩だけで味付けして焼いてみたら、ちょっとだけ臭い部分がありました。これは、さばくときにうっかり内臓を傷つけてしまい、内容物が身に付着してしまったせいだと思われます。それ以外の味は上々でした。でも、やっぱりバター焼きみたいに、少し油分を足してあげたほうが美味しく食べられるかなーとも思いました。

↓参加しています!よろしければクリックをお願いします!

にほんブログ村 釣りブログ 貧乏釣りへ
にほんブログ村